パラ廷科技会社はアメリカニュージャージー州の1家の生物技術会社、希望ブレマー浪丹が数年内に占領男性市場、次に占領女性市場。もし許可を得たら、同媚薬となるアメリカ第1種の女性に向けて、性欲の媚薬不足。それは解決の女性の友達のあれらの深刻な性問題——は更年期や子宮切除されて、徹底的に性欲を失う。

調査によると、性欲減退の多くの要素につながる、半数以上が自分から解消、殘りは医者の助けが必要。まとめて、性欲減退の以下…人は機嫌が悪い時、一時的に性欲減退しやすい、特に極度の悲しみ、恐怖、瀋んだと絶望などの悪質な状態で、性欲が著しい影響を受けて、甚だしきに至っては完全…

マイケル・ペレルマンはニューヨーク性と結婚の面での臨床医学の家、彼はパラ廷新媚薬通販の女性の実験の全行程の撮影を記録、ずっと目の鞘をはずす結果。ペレルマンアメリカン・ブロードキャスティング・カンパニーのインタビューを受けていくつかの女性の記述はこの媚薬の媚薬効果が直接に、一部の話はあまり似合わないテレビで私を感じて多少あまり。「私の性ブームは以前には品質があり、私はこのように好きです」と言っている。私は夫に需要があります。私は彼とセックスし始めて、第1回はそんなに長くしました。

もしブレマー浪丹上場すれば、それはただの形式が鼻腔スプレー。このように、美春は消化システムを避け、直接脳に作用することができます。安妮特・莎ディックはパラ廷科技会社の開発担当によると、彼女によるとPT-141春の薬効を続けてろくやはち時間、使用さんじゅう分以内には性欲を燃やす。

美春薬物乱用という関

しかし、ブレマー浪丹を受けアメリカ食品と媚薬物管理局の承認過程でも困難、最も肝心な問題は春の薬物乱用、結局その前に、いくつかの若い人の娯楽にもう離れないバイアグラ。

レオノ・特ジェフリーズはニューヨーク大学精神病臨床医学院の専門家であると同時に、シニア性心理学者、彼女は:私は信じて、将来この媚薬のネット販売はとても大きくて、いくつかのバーや街角などでも売っています。もちろん承認されている場合は、必ず人が悪用する人もいる。2004年には、特にジェフリーズ阻止アメリカ食品や春薬管理局の許可プロクターアンドギャンブル会社の生産の女性の性欲テープ剤Intrinsa(通称女性バイアグラ)。

春は潜在的な薬物乱用問題以外、彼女はまだ心配など媚薬購入マークは全体の文化の影響を心配して、特にこの春薬のマーケティングの方式。特にご説:間違いなく、この媚薬バーで肯定の売れ行きが好調で、そこに、女が、カップルが知らず知らずのうちに興奮してきて、性欲を渇望する、セックス……来る日も来る日も、人々は性愛に夢中になって、この問題は多くの問題が発生することができます。

パラ廷CEO斯バナ説:彼女たちの内科医でははっきりした――これは彼女たちの説明したい。この新しい媚薬はそれらが不足していると性欲を、本当にない性欲能力の女性のために設計した。普フォックスは、彼は希望女性選択権を持つことができることは、結局のところ、ブレマー浪丹を取り戻す自信が女性。普フォックス説:もう二度とない誰が女を見つめて、あんたはあまり良くなくて、少しも感じない。もし本当の承認PT-141に真実性の乱れによる精神医学家や臨床心理学者の定義)の人々に、そしてまた他ユーザー層。しかし普フォックスは、批評家ははずもない心配ブレマー浪丹の潜在エネルギ。彼は言います:PT-141させない人たちの通りに。

From 女性の性欲ピーク研究室, post 性欲を増強して媚薬を乱用ができません