実は簡単で、もし毎月で1日のあなたの月経は訪問することに来て、そんなに来月彼女ノックして来る時に到達する隔てる運命、祥/頁1個の完全な月経周期。月別彼女は到来する初日に、私たちは体内の卵胞ホルモンと妊娠ホルモン水準は1カ月中のものにいる最も落ち込みは、ホルモンは欠乏している。

少し士を貼って:アメリカ国家がん研究センターの最新はアメリカ女性媚薬の特徴:最も乳房が月経周期の的の前の2週の状態にある“緩み”。もし$A乳房の器械はこの時間になによりも選んでいるか検査して、その上医者が正確な診断を下すことが容易に、そのうえ検査される人は同様に感じることができて少し気分がよくて、乳房のためこの時期の最“協力”にある。若い女性についてこの特徴がなおさら明らかとすると言います。

注意して:もしあなたは乳首が分泌物が乳房中に腫れたブロックになる話をあるいは感じると発見すれば、月経周期にいるどの時間帯が全て病院へ出来るだけ早く行くべきことにかかわりません。

生理は1週間後を終らせて、第14日およそ“周期”にあって、私たちはあの成熟した卵子は片側卵巣から揺らめき出す。それといっしょに到来するそれから一定の数量の卵胞ホルモンとアンドロゲン。それ以後の1、2日内、この2種のホルモン水準はまた低下を開始する。その時、もしあなたは腹部の痛みと軽い心もとなさを感じて、少量出血は全て未満で珍しくしてさえ、医者はこれを“突破性は出血します”と呼ばれる。これは全て排卵に伴う現われた正常な反応。

少し士を貼って:あなたが隣に文字間のあのハンサムな男性を書いて慕ってすでに長いことを否認してはいけなくて、今週に機会を探すことは彼の身の回りに座って行くでしょう。これのため女性の1月中の最もセクシーの1周です。成熟した女性について言って、彼女は平俗よりいかなるか、時、全てさらにセックスしたいと思います。これは体内の性的ホルモン充足した原因です。アメリカ《欲情と愛する》1の本中に基づいて言及していて、性ホルモンは最も性欲を刺激することができて、女性に自然的に能力的に最高に達することを産んで、同様に彼女が感じて最もセクシーで議扮/昨、受胎した確率のついていった増大は、そのため最も避妊することに注意する必要がある。

注意して:この時間帯は最適にいくらかの創造性イベントを作って、この時のあなたの脳のため最も活発になります。アメリカ科学者の研究は考えて:体内の卵胞ホルモン水準のものにつれて高く上がって、人ものは能力的に同様にそれにつれて高く上がることを知ることを見て知ります。もし、あなたの周期、28日なら、そんなにあなたは第12日に第14日の脳になによりも使って、際物の記憶リキヤは最も強いです。重要な会議と交渉は全てこの時間にことを手配して、あなたの反応はふだんよりさらに速い、仕事効率のさらに高い。

排卵後にホルモンを妊娠して上がって、子宮内の膜の準備することを生成することとして、手厚くて、丈夫な子宮内の膜は成熟卵子のものがベッド率の高低を着ることを決定していて、あなたの心理にも拘らずどうしたか、あなたの身体は毎月全てこの頃牝の輝きを満ちあふれさせている。同時性欲は急落して、この時期に、あなたは再び何日前もに性愛を渇望するようでなくて、伴侶の主動性侵攻することに同様に組み合わせる気がしません。

少し士を貼って:この時間帯はあなたはもしかしたら了解して気持ちは悪くて、そのうえ愛撫を特に渇望する。医者の分析はで:体内のにホルモン水準の高さを妊娠して、女性が好きな性愛方式はやさしい感情がこもっていてかわいがることです。もしあなたは自分が突然駄々をこねたことを愛するほど変わると発見すれば、それはまったく奇妙でないです。

注意して:この時の女性は最も容易に性に疾病襲撃を伝えられます。最近の何個かの科学技術研究ははっきり示すと報告して:生理後半の週は女性を期待してさらに容易にHIVとその他性伝染疾病ウィルスに感染します。原因はで:この時期生殖器系内の抗ウィルス細胞は最“落ち込み”の状態にいて、そのためウィルス最も容易な“虚に乗じ入ります”。

第4週は時はホルモン水準を妊娠して最高峰に達してそれで、それにつれて新しい1回の生理のものはまもなく到来して、子宮内の膜は結局“解放”はホルモンの制御は、枯死を開始することはともに外れることを準備する。ホルモンの不安定は私たちに経前にしるし(PMS)もたらしたいろいろの問題を総合することを払ってはいけないことを禁じさせて:例えば:気分は変わって、精力は集中しなくて、乳房は腫れていて、にきびはひっきりなしに起こって、好きは大いに大いに噛むことなどすることを食べます。

少し士を貼って:この時間に、あなたは突然またセックスを考える念が自分であったと発見します。しかし、生理中期ホルモンの引き起こした性欲旺盛さとある程度違っているものはで:この時期は性愛の渇望に生理前によった焦って不安に鉢の腔と充血であり引き起こす圧力はもたらしている。実行上で全て考えることからそれとも理論からかかわらなく:経前性愛は女性の心身に追従を許さない愉悦をもたらすことができます。

注意して:もしあなたは喘息のある場合は、存在したこの時間は特に注意しなければいけない。この頃ホルモンを妊娠することは身体の多くの方面に全て“扇動”役割があって、呼吸困難を引き起こすことができて、とてもぜんそくに悪化させるでしょう。イギリス医学の家は見つかることを研究して:喘息のある女性に対して言って、通した避妊を服用することの薬物ホルモンを制御して来る変化を考慮することができます。同様に生理にまもなく到来することができて的の前は1週は抗喘息薬物を服用することを増加して、まだそのとおり患わないことを防ぐ。

30歳:この年の生理は女性一生中の最も規律の段階です。20歳の時との月経痛問題は比べて、30歳の女性はさらに容易にPMS(経前にしるしを総合します)に困らせられます。毎回生理までは全て何日でものくるしい生活を過ごさなければいけないです。30歳の女性は月経痛と生理が現われてどれだけ子宮内の膜炎症あるいは子宮の筋の腫れ物症状だろうことをはかったことがあります。

40歳:月経周期の長短は変化が発生することを開始して、21日からの周期は35日になって、その後また27日になることは全て正常です。あと、生理はおそらく多くなることができることをはかります。40歳は時の現われる不規則さの出血はおそらく子宮の息ののろまな症状です。たとえ、卵巣以前、比べて再びそんなに規律は排卵しなくても、そのうえ排卵する周波数は下がって、ただ同様に避妊の問題を軽視することができない。40歳の女性は意外な妊娠の比率と青少年意外な妊娠の機会は同じくらい高い。

From 女性の性欲ピーク研究室, post 女性は1カ月のいつの性欲は最も強い?